ブラックホール撮影の結果!どうして観測出来た?ブラックホールを簡単に説明!

生活

日米欧などの国際研究チームが10日、世界で初めてブラックホールを撮影することに成功したと発表しました!

ノーベル賞級とまで言われていますが、そもそもブラックホールとはどんなものでしょうか?

また、そんなブラックホールをどうして観測出来たのでしょうか?

ということで今回はブラックホールの謎に迫ります。

スポンサードリンク

ブラックホールとは

ブラックホールとは簡単に説明すると

「非常に強い重力をもつ天体」のことです。

ブラックホールは光も脱出できないほどの重力を持ち、理論的に存在は証明されるものの撮影には成功していませんでした。

人は当てた光の反射によってものの色や形を認識しています。

しかし、ブラックホールは光すらも吸収してしまうため、色も形も認識できなかったのです。

これが今回撮影に成功したと言うのですから、天文学界の一大事なのもうなずけます!

スポンサードリンク

どうして観測出来たの?

では、観測出来ないはずのブラックホールをなぜ観測できたのでしょうか?

もちろん、直接は撮影できません。

今回日米欧の国際研究チームは、高解像度の電波望遠鏡を使用しブラックホールのそばの星の電波を観測することで、間接的にブラックホールの影を浮かび上がらせたのです!

スポンサードリンク

まとめ

ブラックホールの撮影が成功したことで、これまで証明できていなかったアインシュタインの一般相対性理論が証明された形になります。

今回の撮影成功はノーベル賞級と言われるだけあって、さらに様々な波紋を呼びそうですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました