ファストパスはスマホでいつから取れる?取り方は?ディズニー変化の年!

アトラクション

友達や恋人、家族でも…年代を問わず人気があるディズニーリゾート。

2013年に来場者数3千万人を超え、常に満員御礼状態で人気のアトラクションでは180分待ちが当たり前です!

あまりの長蛇の列に諦めてしまうこともよくあることです。

しかし、ついにファストパスがスマホで取れるようになるんです!

ということで、今回はスマホでのファストパスの取り方やいつから開始されるかなどのついて見ていきます!

スポンサードリンク

変化がいっぱいのディズニー

つい先日ミッキーの顔が変わりました。もうご覧になりましたか??

よーくみないとわからない程度ですが、変化しています。

違いわかりますか?

そう!白目が縦に大きくなっていますね!

そして、新アトラクションも増えます!

「ソアリン」と読むようです。

建設中の写真がこちら

こちらは7月予定だそうです。

これらに加えてファストパスがスマホで取れるようになります。

このように今年は本当に変化がたくさんですね!

スポンサードリンク

そもそもファストパスって??

待たずに乗れる特別枠といったところでしょうか…

各アトラクション前の発券機で受け取れる紙に記載された時間に行けば、ほとんど待たずに乗れるしくみになっています。

各時間毎で発券数が決まっており、人気のアトラクションだとあっという間に発券が終了してしまうため、開園と同時にダッシュで発券機に並ぶ…(危ないのでダメですよ!)

無料で取得できますが、1つのアトラクションでファストパスを取ると、他のアトラクションで発券出来るまでに少し時間を待たないといけないので、どのアトラクションを優先させるかは一緒に行く人と相談しておくといいですね!

ファストパスがあるアトラクション

FPは現在、待ち時間が長い計18のアトラクションで出されています。

【ディズニーランド】計9個

  • ビックサンダー・マウンテン
  • スプラッシュ・マウンテン
  • イッツ・ア・スモールワールド
  • ホーンテッドマンション
  • プーさんのハニーハント
  • モンスターズ・インク"ライド&ゴーシーク!"
  • スペース・マウンテン
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • スターツアーズ

【ディズニーシー】計9個

  • タワー・オブ・テラー
  • センター・オブ・ジ・アース
  • マーメイドラグーンシアター
  • レイジングスピリッツ
  • トイ・ストーリー・マニア!
  • 海底2万マイル
  • マジックランプシアター
  • インディー・ジョーンズ・アドベンチャー
  • ニモ&フレンズ・シーライダー
スポンサードリンク

スマホでのファストパス発券方法

スマホでファストパスが発券できるようになりますが、どうやってスマホを取るのでしょうか?

とは言っても、日本ではまだ正確なことは言えません。

が、上海ディズニーではすでにスマホでファストパスが発券できるので、そちらを参考にしていきます。

上海ディズニーではファストパスはスマホから発券するようになっています。

  1. 専用のアプリをインストールします。
  2. 必要事項の入力→登録します。
  3. 入場チケットにあるバーコード(QRコード)を読み込むか、IDナンバーを登録します。
  4. その状態で園内に入ると、発券できます。

上海ディズニーでのスマホでのファストパスの発券の仕方、やり方はざっとこんな感じです。

日本でも同じような感じになるのではないでしょうか?

いつからスマホで取れるの?

現時点で明確な期日は発表されていないようです。

しかし、東京ディズニーシーの新アトラクション「ソアリン」がオープンする7月23日までのサービス開始をめざしているそうです。

発券機は無くなるの?

スマホで取れるようになると発券機が無くなってしまうのか心配になりますよね。

実は発券機のシステムはそのまま残るので、スマホが無い人でもその点は安心して楽しむことができます!

また、スマホで取る際も、次のアトラクションのFPを取れるまでには一定の時間がかかるしくみなどは今と変わらないそうです。

スポンサードリンク

まとめ

園内に入ったタイミングでスマホで取れるようになるので、今後は開園ダッシュする姿は減るようになるのでしょうね…時代は変わるなぁとしみじみ思ってしまいます。

でも、小さいお子さんが居たりする方にも嬉しいシステムですね!!

また新しいアトラクションも現在作られているので、ますます足を運ぶ人も回数も増えていくことが予想されるので、早く軌道に乗って少しでもスムーズに回れるようになったらいいですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました