飯塚幸三の経歴や原因は?池袋ごみ収集車とプリウス衝突事故

事件、事故、その他

4月19日午後0時25分

東京都豊島区南池袋の東京メトロ有楽町線東池袋駅付近で起きた乗用車とゴミ収集車の衝突事故の犯人が特定されました。

犯人は飯塚幸三さん(87)で、有名な会社クボタの元副社長でした。

また、飯塚幸三さんのお話により事故の原因がわかってきました。

今回は飯塚幸三さんの経歴や事故の原因についてお話しします。

飯塚幸三さんの経歴

事故を起こした犯人は、87歳の飯塚幸三さんです。

飯塚さんは日頃より足が悪くなったので運転を辞めると周囲に漏らしていたそうです。

飯塚さんは旧通産省元工業技術院長で、農機で有名なクボタの元副社長という凄い経歴の持ち主でした。

池袋ごみ収集車プリウス衝突事故の原因は?

事故の原因はプリウスだからとも言われています。

なぜなら、プリウスのシフトレバーが高齢者にとって使いづらいからです。

現在もプリウスのシフトレバーについて議論されています。

しかし、飯塚さんは息子さんに対して「アクセルが戻らない」と言っていたといいます。

真実は一体…

コメント

タイトルとURLをコピーしました