JanneDaArc再結成はいつ?解散の理由は?

エンタメ

2019年4月1日(月)、ヴィジュアル系ロックバンドのJanneDaArc(ジャンヌダルク、ジャンヌ、JDA)が、公式サイトで解散を発表しました。

大人気バンドの解散に、業界内でも激震が起こっているところだと思われますが、JanneDaArcはなぜ解散に至ってしまったのでしょうか?

また、再結成はいつになるのでしょうか?

スポンサードリンク

JanneDaArcとは

Janne Da Arc(ジャンヌダルク)は、日本の男性5人組ヴィジュアル系ロックバンド。所属レコード会社はavex。略称は「Janne」。また頭文字をとって「JDA」と表記されることもある。2007年に活動休止。


引用:Wikipedia

日本のヴィジュアル系ロックバンドとしては知らない人がいないくらいに有名なバンドですよね。

2007年に活動を休止しましたが、その後は個々で活動していました。

とくにボーカルのyasuはAcidBlackCherry(ABC)として活動していていたことでも有名です。

スポンサードリンク

解散の理由

4月1日(月)に解散を発表したJanneDaArcですが、その理由は何なのでしょうか?

そのきっかけとなったのは、ベースを担当しているka-yuが3月31日をもってバンドを脱退することになったことです。

その後、残り4人のメンバー(yasu、you、kiyo、shuji)とスタッフとの間で話し合いの場を設け、今後についての話し合いを行ったところ、解散という決断に至ったとのことです。

事務所からは「Janne Da Arcからのka-yu脱退のご報告並びにJanne Da Arc解散のご報告」として、ka-yuの脱退とJanneDaArcの解散が発表されました。

他のメンバーとスタッフの間で、Janne Da Arcの未来についての様々な話し合いが、数日前まで行われていたといいます。

 その上で、JanneDaArcの活動休止後AcidBlackCherryとして活動し、頚椎損傷の治療のためにその活動も休止しているyasuについて触れ

「最終的には、yasuが現在、身体の治療ゆえアーティスト活動そのものを休止中であり、現時点でJanne Da Arcとしての新しい提案や具体的な指針を示すことをお約束出来ない状況の中、4人のJanne Da Arcを宣言することは非現実的な上、とてつもなく誠意を欠くもの」

としました。

続けて

「5人でのJanne Da Arcの活動の可能性を失くした今、平成31年4月1日をもってJanne Da Arcを正式に解散するという発表を、ka-yuの脱退報告と同時にさせて頂くことがファンの皆様への最低限のけじめであり礼儀ではないか、という結論に至り、今回のご報告ということになりました」

と明かしました。

スポンサードリンク

再結成はいつ?

JanneDaArcが解散に至った理由から、再結成には

①yasuのアーティスト活動の再開

②yasuのJanneDaArc復帰

といった2つの壁があると思われます。

①yasuのアーティスト活動の再開

yasuは現在頚椎損傷でアーティストとしての活動そのものを休止しています。

かなりの数のヘッドバンキングにより、長期療養を余儀なくされている状態ですが、医師によると手術は必要ないとのこと。

順調にいけば近いうちに再開なんてこともあるかもしれません。

②yasuのJanneDaArc復帰

yasuはJanneDaArc活動休止後AcidBlackCherryとして活動していましたが、その活動はJanneDaArcに勝るとも劣らないものでした。

しかも、ソロでやっているために自分の好きな音楽をできる環境であり、それを捨てるのは簡単なことではなさそうです。

もちろんAcidBlackCherryとしての再開をまつファンもいるため、JanneDaArcへの復帰はさらに先になるのでは?と考えられます。

ただ、yasu自身はJanneDaArcをとても大切に想っているようなので、ありえない話ではないですね!

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

もしJanneDaArcを再結成となったとしても、現状ではかなり遠い先の話、それもメンバー5人揃わない可能性が高いと推察されます。

JanneDaArcを愛するファンのためにも、再結成してほしいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました