3~4ヶ月健診はベビーカーか抱っこ紐?服装や時間と持ち物や内容は?

子育て

赤ちゃんを出産して、無事に1ヶ月健診を迎えたと思ったらあっという間に訪れるのが3~4ヶ月健診ですね。

首も座る前で、初めての育児で疲労困憊で迎える1ヶ月健診とは変わり、寝返りをしたり手足を動かしたりする子もいれば泣いてる子ら寝てる子、色んな表情が見られるのが3~4ヶ月健診ではないでしょうか?

市区町村によっても集団健診なのか、各自小児科で受けるのかも変わってくると思います。

また、

  • ベビーカーか抱っこ紐どっちにするべきか?
  • 服装はどんなものがいいの?
  • かかる時間は?
  • 内容は?
  • 持ち物はある?

など、疑問や不安もたくさん出てきます。

ということで今回は、集団健診のときにママたちがどうしようか悩むポイントとして

ベビーカーか抱っこ紐?服装や時間と持ち物や内容は?

ということについてまとめてみました。

スポンサードリンク

ベビーカーで行っても良い?抱っこ紐の方が良い?

まだまだ赤ちゃんの荷物が多い時期ですし、交通機関のことも考えると悩むところですよね。

会場にも寄るかと思いますが、保健センターや市役所などで、ベビーカーを置くスペースがあるなら、夏は特にベビーカーがオススメです!!

夏は赤ちゃんの体温もこもってしまって、検温の時に体温があがってしまうこともあります。

我が子のときは、暑さもあって37.5℃を上回ってしまって、何度も測り直している赤ちゃんもいました。

周りは気にしなくていいよ~って思っていたとしても、集団だからこそ、自分のところで時間がかかってしまうと気持ちが焦ってしまうことありますよね…

検温終わってからも先が長いのに、表情が疲れ切ってるママさんを見て心が痛くなりました( *_* )

我が子が受けた会場では受付が終わって、案内される部屋には赤ちゃんが寝ころべる様になっていました!

医師診察と予防接種以外は案内された部屋で行ったので、長時間抱っこする機会もなく、抱っこ紐で来ていたママさん達も紐を外してその場に寝かせて動いてました。

バスに乗る場合や、電車に長時間乗ったりするなら、抱っこ紐が動きやすくていいなぁと思います。

私の地域は保健センター行きのバスが少ないこともあって、お散歩気分で歩いて向かったのでベビーカーが合ってました(≧◡≦)

気温が30°近くなると、やはり長時間抱っこは赤ちゃんもママも体力を消耗すると思います。

  • 当日の天候は?気温は?
  • 会場までの交通ルートは何を使うか?
  • ベビーカーを置けるスペースや、エレベーターはある建物か?

この3点を確認してみて検討するのもいいなぁと思います(^-^)

ベビーカーで行く場合でもグズってしまったりすることもあるので抱っこ紐は持っていく方が安心です(´ ▽` )ノ

スポンサードリンク

ママや赤ちゃんはどんな服装がいい??

先にも書いたのですが、私たちが行った会場は、医師診察・BCGとは別で寝っ転がれるスペースで行われていたので靴を履いたり脱いだりすることがありました。

カーペットの上に座ったり、その中で計測器がある場所へ移動したりするので、座ったり立ったりも何度かありました。

なので、スカートよりはパンツ靴は脱ぎ着しやすいものを選ぶと良いと思います(^O^)

赤ちゃんの格好ですが、この頃だとロンパースを着てる子、上下別れている服を着てる子、半々くらい居ました。

BCGを受けるのであれば、ロンパースタイプのが良いなぁと思いました。

注射の時に片腕を脱がせるのですが、洋服にワクチンがつかない様に完全に片方は腕を出すように言われます。なので上下別れている服の子たちは上半身裸で待っていました。

夏場でもエアコンが効いてると、寒くないか心配になってしまいますよね(゜ロ゜)

ロンパースだと注射する側以外は服を着せて居られるし、脱ぎ着もスムーズでした!

身体計測と医師診察の2回は脱ぎ着させることを、念頭に入れて選ぶと良いと思います。

スポンサードリンク

3~4ヶ月健診の持ち物は?

【書類について】

多くの場合が、1ヶ月くらい前に封書が市区町村から届くかと思います。

封書の中には、

  • 健診の問診票
  • BCGの注射の問診票
  • 耳の聴こえ方チェック

などの用紙が入っています。

当日は赤ちゃんを連れていることや、健診の問診票には出生時のことなど細かく記入する欄があるので、事前に記入して持って行きましょう。

慌てて記入し忘れてしまっていた、という人も居て大変そうだったので、事前に出来ることは終わらせて行くとママも焦らず過ごせるので良いと思います(^-^)

BCGの集団接種がある場合ですが、もちろんですが受けるかどうかは選択することが出来るようになっています。

予防接種を受けさせるのかどうか、受けるなら全て受けさせるのか選択して接種するのかも皆さん考え方の違いがあるところですよね。

受けない場合でも問診票の記入、提出は必要です。忘れずに持っていきましょう(^O^)

【その他】

普段の赤ちゃんとのお出かけバックの内容で持っていけば心配はないと思います。

〇身長、体重、頭囲計測

〇医師診察

この2つのタイミングで赤ちゃんのオムツを外します。

付けていたオムツをそのままつけ直してもいいのですが、医師診察の後にBCGの接種があり、その後少し身動きが取れなくなります。

なので、計測が終わって服を着るタイミングか、医師診察の時にオムツをサッと交換出来るようにするといいかと思います。

我が子の時は、医師診察に進む時に1枚オムツを持つようにと案内があり、診察終わりに新しいオムツに変えるような流れになってました(^-^)

スポンサードリンク

健診の時間・内容は?

私が受けた時の一連の流れはこんな感じです。

受付・書類提出

部屋に案内され、母子手帳が回収される

赤ちゃんの歯磨きについての話

離乳食についての話

身長・体重・頭囲計測

絵本の読み聞かせ

医師診察・BCG

保健師面談

終了

私は早めに並んだので先頭グループの番号だったのですが、それでも受付開始から終了までが約1時間半かかりました。

個別で離乳食の相談や、保育園の相談などを出来るブースもあり、相談をしたりするともう少し時間がかかると思います。

ここで注意したいのが授乳とミルクのタイミングです。

BCGを打つ場合、前後30分はあげることが出来ません

また注射のタイミングも自治体によって違いがあると思うので、受付に並ぶ前にあげるのがオススメです。

注射を打ったあとは、ワクチンが乾くまでそのまま待機になるので、終了した後は直ぐにミルクTimeをとることも出来ますが、どの子も大号泣してるので会場を出る時は疲れて寝ている子が多かったです。

我が子は熟睡すると全く飲んでくれないので、受付に並ぶ前にあげておいて良かったと心底思いました。

歯についてのお話

歯の話は、歯磨き嫌いで嫌がる子が多いからこそ、歯磨きが始まる時期に入る前にどんなことをしたらいいのか、赤ちゃんとの触れ合い方についても話があって勉強になりました(^-^)

離乳食についてのお話

離乳食の話は、大体本に書かれている内容でしたが、離乳食初期のメニューが実際に出てきて、10倍粥のとろみ具合などを目にすることが出来るのは良かった点です。

絵本の読み聞かせ

1対1、もしくは2~3人に1人ボランティアの人が付いてくれて、1冊の絵本を読んでくれました。

私たちのところに来てくれた人はリズムを楽しむ絵本で、電車の「ガタンゴトン」を強弱付けて読んでくれてすごく楽しそうに我が子は聞いてて驚きました。

読み方のポイントや、オススメな人気の絵本を教えてくれたりするので聞けて良かったなぁと思います(≧◡≦)

この時に1冊新しい絵本をプレゼントしてくれました。

何冊からか選べるところもあるようですが、私たちの地域は絵本の種類は決まってました。

保健師面談

BCGを打った後、ワクチンが乾くまでの待ち時間で保健師さんとの面談がありました。

この面談では、受付で提出した問診票をもとに話をしていきます。

相談したいことが特になければ、あっという間に終わります(笑)

この後、看護師さんが腕のワクチンの乾き具合を見てOKが出れば帰ることが出来ます。

ざっとですが、簡単な内容と流れはこんな感じでした!

まとめ

今回は3~4ヶ月健診について、自分の経験を元にポイントを書いてみました!

私は早めに行ったのですが、受付開始は、予定時刻の5分前スタートでした。

ミルクを飲ませて15分前に受付前に着いた時には5組くらい待っていて、受付開始時刻には20組くらいになってました。

待ち時間を少なくするためには、受付スタートの20分前くらいには着いていた方がいいなぁと思いました。

もしくは、終わりの方に行った方が、待ち時間少なく済むと思います(^-^)

あっという間に時間が流れている様に感じますが、終わったあとはどっと疲れました(^-^;

いかに負担が少なく出来るか、少しでも参考になれば嬉しいです(´ ▽` )ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました