骨盤ってどんな骨?男女で違いがあるの?何かと話題の骨盤の機能と構造を徹底解剖!!

健康

こんにちは!みわです(^ ^)私は、出産を経験して体調を大きく崩しました。何をしてもつらかったそんな時、骨盤矯正をしてもらったことでなんとか乗り越えることができました!そこで、今回は『骨盤』の機能と構造を丸裸にします!!

スポンサードリンク

骨盤は体を支える大切な土台

骨盤は下は両脚、上は背骨と繋がっていて体の中心に位置しています。骨盤の話をするとき、よく家に例えられます。

体が家なら、骨盤は『土台』、背骨は『柱』に例えられます。家も、土台が崩れたら立っていられないですよね?

スポンサードリンク

骨盤の構造

骨盤は左右の寛骨、中央の仙骨と尾骨からなる環状の骨です。(細かく言うともう少しあるけどそこは割愛で笑)

それぞれが仙腸関節、恥骨結合によってうまく輪っかの形をしているんですね!

そしてそのうちの寛骨は股関節を通して脚と繋がっていて、仙骨は上で背骨(腰椎)に繋がっています。

スポンサードリンク

男女で骨盤の形が違う?

実は、男女で骨盤の形は微妙に違っています。男性は中が狭くて漏斗のような形、女性は中が広くて桶のような形をしています。

これには理由があって、女性は妊娠・出産をするためなんだそうです。そりゃ、おんなじ形しているわけないですよね?

スポンサードリンク

骨盤って何のためにあるの?

実は輪っかになってそこに存在しているのには、ちゃんと意味があります。

  • 腹部内臓(腸や膀胱、子宮など)を中に収め、保護する
  • 上下からのショックをうまく逃がす
  • 赤ちゃんを保護する
  • 運動の起点になる

などが、骨盤の働きです。私としては、環状にショックを逃していることに驚きました!

誰かが「よし、物理的に環状にする事でうまく力を逃がそう!」ってしたわけでもないのに、こんなに効率的になっているなんて!ヒトの体ってすごいですね!!

まとめ:骨盤はなくてはならない骨

こうしてみていくと、骨盤って体になくてはならない骨なんだなぁって思いますよね?骨盤を大事にしなければいけないのも納得です!

みなさんも、骨盤は大事にしないと体調を崩すキッカケになるかもしれませんよ!体調を崩したら、一度骨盤を診てもらうのもアリかもしれませんね(^ ^)みわでした〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました