赤ちゃんが泣き止まない!新生児が泣き止む方法

健康

こんにちは!みわです(^ ^)

赤ちゃんってめちゃくちゃ泣きますよね。普段ならなんとも思わない私ですが、疲れているときやストレスのたまっているときなどは、本当に気が狂いそうになるものです。

『赤ちゃんは泣くのが仕事』とは言いますが、面倒を見る側からすれば泣かないでいてくれた方がどれほど楽なことか…

ということで、今回は新生児の赤ちゃんが泣き止まない時の私なりの対処法をまとめてみました!

スポンサードリンク

泣き止まないときにまずやってみること

私が、赤ちゃん(新生児)が泣き止まないときにやってみることは

  1. 抱っこする
  2. 授乳する(ミルクをあげる)
  3. オムツ替えをする

主にこの3つです。

抱っこする

はい、シンプルかつ最も王道な方法ですね!

赤ちゃんが泣いたら何は無くともとりあえず抱っこをしてみましょう!

赤ちゃんにとって、抱っこをしてアタッチメントをしっかりと取ることは、ママと赤ちゃんとの間の信頼関係の構築だけではなく、脳の発達にも重要だということがわかっています。

つまり、抱っこは身体的・精神的欲求を満たしてママからの愛を感じることができ、かつしっかりと成長する礎を作るための大切なアタッチメント行動の一つでもあるのです!

ママの腕に包まれて愛情を感じながら脳の成長も促せて、しかも泣き止む、最強の方法です!

授乳する(ミルクをあげる)

赤ちゃんが泣いたときに次に考えるべきなのは『お腹が空いてるのかも?』ということです。

赤ちゃんが泣くのには(ほとんどの場合)理由があります。その中でも、生きるのに最も必要なのが授乳(ミルク)です。

ミルクであれば時間を見たり、あとは抱っこしたとき口が何かを吸いたがっているようだったりするとわかることもあります。

そろそろお腹空いた時間かな?と思ったら試してみる価値アリです。

オムツを替える

赤ちゃんにとって尿や便をしたままのオムツは気持ち悪いものです。

最近のオムツは水分で線の色が変わってオムツの替え時を教えてくれます。

あとは古典的ですが、匂いを嗅ぐと替え時かどうかがとてもわかりやすいですのでよくやります。

それでも、開けてみないとわかりません。というか、開けた瞬間にしてしまう、なんてことも…

スポンサードリンク

それでも泣き止まないときは

それでも泣き止まないなんてことも日常茶飯事ですよね。

次はそんなときに試してみたいことについてお話しします!

歩いてみる

赤ちゃんが泣いているので抱っこしましたが泣き止みません。てこと、ありますよね?

そういう時は抱っこしたまま歩きましょう。

ママの腕に包まれつつ適度な振動が加えられ、さらに心地よく感じてくれるでしょう!

リズムを加える

抱っこして歩いて泣き止まないとき、プラスで私はお尻をポンポンします。

お尻をリズミカルにポンポンしてあげると、赤ちゃんは触覚と聴覚をさらに刺激され、そのリズムにいつのまにか泣き止んでいるなんてことも多いです。

おしゃぶりを咥えさせる

赤ちゃんはおしゃぶりをしゃぶることで安心感を得られると言われています。

咥えるだけで赤ちゃんが静かになるほどの破壊力があります。

がしかし、いろんなママさんに聞いてみたところ、赤ちゃんによっては全く咥えてくれないなど、好き嫌いが分かれる印象があります。

スポンサードリンク

まとめ

ちなみにうちの子の場合、ミルクやオムツでダメだったときは『抱っこして歩きながらお尻ポンポンしておしゃぶりをさせる』というハイブリッド技をします。

そうすると約95%は泣き止んでくれます。

これを読んでくいるあなたも、『これで泣き止む!』という鉄板技を見つけてみて下さいね!

以上。みわでした〜(^ ^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました